委任状の交付と無権代理


XはYが所有している農地(休耕地)を購入したいので、頻繁にYを訪ねて売却してくれるように要求していた。YはそのうちXに応対するのが面倒になり、つい言い逃れに、その土地のことはZに任せてあるので、Zに相談するようにと言ってしまった。この言を信じたXはZに会い、当該土地の売買について相談しようとした。Zは事情がわからないので、後日来訪するようにXにいい、その間にYから事情を聞いた。

そしてXをあしらうのに必要なので、虚偽ではあるが、形式上委任状をくれるようにいい、Yはそれに応じて土地売買に関する委任状を作成してZに交付した。ところが、Zは、この委任状を用いて、Yの意思に反してYの代理人としてこの土地をXに売る契約を締結し、代金を受領して逃げてしまった。法律的にどうなるのか。

契約書

[問題点]
◯代理の法律関係
◯代理権授与の方法
◯無椛代理の法律関係
◯表見代理○通謀虚偽表示
◯代理人の権限濫用
◯農地売買に必要な許可。

<代理行為>
ZはYの代理人として、X・Y間の本件農地の売買契約を締結しています。代理とは、代理人の意思表示によって、本人がその効果を直接に取得する制度です。このような代理人のなす法律行為を代理行為といいます。民法では、代理行為の要件として、相手方に対して、本人のためにすることを示すこと(代理意思の表示)を求めています。
これを顕名主義といいます。顕名の方法としては、典型的には、「A代理人B」としますが、「A支店長B」という表示であっても、また、直接本人の名を示しても(契約轡に代理人の名はなく、代理人が本人の名を直接記入するなど)、四囲の状況から代理意思の表示と認められる限り、代理行為とされます。この代理意思(本人に効米を帰属させたいという意思)と、それを正当化する代理権の存在とが、代理人の行為の効果を本人に帰属させるのだと考えられています。


神戸市西区は,子育て中の方にオススメのエリアになります。そのため,ファミリー向けの方におススメで,充実したサービスも沢山あるのです。ファミリー向けの物件を探している方は,ぜひ神戸市西区の不動産物件について調べてみませんか?
神戸市西区には、ファミリー向けの物件もそうですが、シングル向けの物件など様々な方に対応した不動産情報が紹介されているので、是非一度ご確認ください。

神戸市北区は神戸市の中でも最も面積が広く,市のヘッドタウンとも言われているエリアです。
神戸市北区は山を越えた場所にあるため,空気とても澄んでいます。
最近では,アウトレットモールや住宅街の開発も進んできているため,,魅力的なエリアと言えるでしょう。
神戸市北区は,夏は涼しく過ごしやすいとも言われています。
水もきれいなので,食べ物もおいしいみたいですよ。神戸市北区には多くの賃貸物件があり,豊かな自然に囲まれてるため,ファミリーの方には特にオススメです。
「神戸市に住みたい」と思っている方,神戸市北区には他のエリアと比べて賃貸も安く,お手頃な物件が多くあるので,お部屋探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?
充実した新生活が送れると思います。

香川で新しく生活を考えている方は観音寺エリアで賃貸物件を見つけませんか?
観音寺エリアは香川県の最西に位置していて,穏やかな気候に恵まれております。
また,お子さんのいるご家庭は特に住みやすいような環境で広がりをみせています。
観音寺駅の周辺はお店が徒歩圏内に集結していることからお買い物に不便な思いをすることがありません。他にも,総合病院をはじめとした個人病院も多いので,もしもの時でも安心して生活を送ることができます。
そんな落ち着いた環境で子育てをと考えている方はぜひ観音寺駅エリアで賃貸の新しい生活をスタートさせませんか?

コメントは受け付けていません。