申込証拠金と手付


Xは不動産業者Yが売主として広告する土地についてYの案内を受けて気に入り、当日は、申込証拠金を支払い、その領収書をもらい、一週間以内に連絡をする旨を告げられて帰宅した。なお、契約締結の際には、手付金として。代金の一割二〇〇万円を要するので準備しておくようにも指示された。
約束通り連絡があり、Yの事務所で種々説明を受け、また、代金の支払手段について説明した。

しかし、手付金の二〇〇万円が準備できず、五〇万円の不足があった。Yは不足分は一週間以内に支払えばよいとして、契約書をXに交付した。ところが、物件の近くでの開発計画が明らかになると、Yは受領した一五〇万円の倍額を提供して契約解除の意思を表示した。Xは承認するほかはないのであろうか。

[問題点]
〇申込証拠金の意義
〇売買の予約
〇手付の種類と意義
〇手付の分割交付と手付契約および倍額の依還。

資料

<申込証拠金>
対話者問では、承諾期間の定めのない申込に対して直ちに承諾をしないと契約は成立しないとされていることから(大判明三九・一一・二、民録一二-一四一三)、顧客の申込に対して業者がその場で承諾をしなくてはならないとすると、事務処理上繁雑な事態が生じることになります。

つまり、宅地建物取引業法が契約締結前に重要事項の説明義務および書面の作成・交付義務(同法三五条)を定め、手付金の分割受領を禁止(同法四七条三号)していることから、業者はそのつど物件説明書を作成・交付し、取引主任者をして説明に当たらせ、顧客は高額の手付金(通常は代金額の一割から二割)を用意し持参する必要があることになります。
これでは、分譲住宅や分譲地の現地案内所で申込を受ける場合に不都合であると感じられたようです。
これを回避するために、申込金、申込証拠金などが考えられたといわれています。
したがって、その趣旨からすれば、これら金銭の支払は売買契約の成立を意味しないことになります。そこで。これを売買の予約の手付であるとする考えもあります(実際に予約金という名目での金銭の授受もあります)。
‹hr›

関西地方で第二の都市と呼ばれているのが,神戸市です。一度は聞いたこともあるのではないでしょうか?そんな神戸市へと引越しを考えてませんか?神戸市といえば,港町としても栄えており,昔から,海外との貿易などを行っていました。その名残から,神戸市内には異人館というものが存在しており,それが,オシャレな街並みを醸し出しています。
そんな神戸で仲介手数料無料の賃貸物件が見つかるとしたら嬉しいですよね?神戸市内は,住みやすく緑も豊かにあって,落ち着いた環境が整っているので,充実した生活を送ることができますよ。もしも気になっている方がいましたら,是非このチャンスに神戸市で,仲介手数料無料の賃貸アパートをさがしましょう。
市内は交通網も充実して整備がされているので,通勤などに困る必要もありません!

東京の中心としてなっている渋谷で生活するなら,代々木エリアがお勧めなんです。渋谷区の中でも住宅街多くあって,静かな生活を送ることができる代々木エリア。代々木エリアには街の再開発を気っかけに,単身者向けの賃貸物件や,ファミリー向けの一戸建て物件が増加しています。
住宅街の近くには,お子様を遊ぶことができる公園もあって,昼間は子どもたちの楽しそうな声が聞こえてくるなんてこともあります。東京都内で引っ越し先を探している方,代々木エリアで賃貸物件について調べてみませんか?
渋谷の中でも落ち着いたエリアなので、代々木エリアは賃貸物件で暮らすことになってもかなり快適に生活することができますよ!

都内でも高い人気を誇っている表参道。そんな表参道エリアで賃貸事務所の経営ができるとしたら嬉しくないですか?
表参道エリアには,オシャレなカフェや飲食店などが建ち並んでいることでしられています。そんなオシャレなカフェなどの中で賃貸事務所の経営することに憧れる方も多くいるのではないでしょうか?
ぜひ一度表参道エリアの賃貸事務所について調べてみて自分も納得する経営を始めましょう!

コメントは受け付けていません。